烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常盤橋と渋沢栄一像(常盤橋公園)

Dsc_0800
常盤橋公園の渋沢栄一像
                      


Dsc_0799
常盤橋
             
                 
 千代田区大手町と中央区日本橋本石町の境界である日本橋川に架かる常盤橋は、家康が江戸に入府する以前からあった橋で、江戸城が整備されると橋詰めに門が設置され江戸城外堀の入り口となります。常盤橋門は、浅草・千住を経由する奥州街道への出入り口でした。
 江戸時代の常盤橋は木製でしたが、明治10年に石造のアーチ状の橋に架け替えられます。しかし、手狭となったため下流に新しい橋が架けられます。それが現在の「常盤橋」です。旧橋は「常磐橋」と呼ばれ歩行者専用の橋として残されています。二つの橋は共に平成19年に千代田区景観まちづくり重要物件に指定されています。
 常磐橋門跡は昭和8年に財団法人渋沢青淵翁記念会(現渋沢栄一記念財団)により「常盤橋公園」として整備されました。
 城門の石垣は国の史跡へ指定されています。ただし、石垣と旧常磐橋は平成23年の東日本大震災により破損し、修復工事のため現在近づくことが出来ません。
 常盤公園には日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一の銅像が設置されています。川の対岸には日本銀行があります。
 それにしても、日本橋もそうですが、川の上を首都高速が通っている様は、近代化のためにしかたなかったのでしょうが、歴史的景観を保全するという観点からは残念な気がします。
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/576-2ab0c524

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。