烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

打吹公園(倉吉市)

 鳥取県の中央に位置する倉吉市は古代日本において伯耆国の国庁、国分寺が置かれた地方都市です。倉吉市の中心部にある打吹山に室町時代に守護大名・山名時氏の嫡男・師義が打吹城を築城したことにより、その城下町として現在の倉吉市の市街地が形成されます。
 江戸時代に入ると一国一城令により伯耆国の城は鳥取県西部の米子城のみになりますが、打吹山には鳥取藩家老の荒尾氏が陣屋を構え明治時代まで支配が続きました。



Imag0651
打吹山



 打吹山に造られた「打吹公園」は明治37年に皇太子(後の大正天皇)が山陰を訪れた際の宿泊所とともに整備された公園で、桜やツツジの名所としても知られる山陰を代表する公園の一つです。



Imag0654 Imag0655
打吹公園



「打吹」の語源ですが天女伝説にちなむものです。水浴びをしていた天女に恋した若者が羽衣を隠したため天界に帰れなくなった天女は、若者と結婚し子供を二人もうけます。ある日羽衣を発見した天女は子供たちを残して天界へ帰ってしまうというお話ですが、この時、母親を引き止めるため二人の子供は山へ駆け上り太鼓を打ち、笛を吹いたと言われます。その山が「打吹山」と呼ばれるようになったそうです。


 公園の入口に倉吉市役所があります。コンクリートが剥き出しの古い建物ですが、設計は東京都庁やフジテレビを設計した丹下健三氏によるもので芸術的価値の高い建物です。



Imag0656 Imag0662
「打吹童子」レリーフ(長谷川富三郎)と倉吉市役所



 打吹公園内にある「大江神社」は倉吉出身で第119代光格天皇の生母、大江磐代君を祀った神社で、明治13年に創建されました。光格天皇は先代に後継者がいなかったため傍系から養子に入りましたが、その直径の子孫が今の天皇家になります。

Imag0658 Imag0659
大江神社




 鳥取県倉吉市仲ノ町

スポンサーサイト

| 旅行記 | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/57-cc495048

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。