烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本橋三越本店

Dsc_0808
日本橋三越本店旧館
                        
                        
 江戸時代の商人の名前で、まず思いつくのが「越後屋」でしょう。
 「越後屋」は伊勢商人であった三井高利が江戸で創業した呉服店です。元々、伊勢や大阪、京都では質屋が主業で味噌や酒も商売していたそうで、「越後殿の酒屋」と呼ばれていたのが「越後屋」の由来だそうです。
 江戸では1673年に呉服店「越後屋」を現在の日本銀行のあたりに創業し、10年後には現在の日本橋三越本店の場所に移転しました。江戸時代の店舗の様子が錦絵にも描かれています。
 越後屋の商法は画期的なものでした。顧客の家に出向くことなく店に商品をならべ、そこで現金取引する「店前現銀売り」。お客様によって値段が上下することなく正札を掲示して現金取引する「現銀掛値無し」。呉服を反物単位ではなく、必要な長さで売る「切り売り」など、今では当たり前のことを世界に先駆け実施しました。その結果、庶民にも安価で販売することが出来、客層の拡大に成功しました。
 明治に入り、三井家は日本最大の財閥となります。越後屋は業態を変化させ、日本初の百貨店となり社名も「三越」へ変わりました。
 現在の旧館は最初は大正3年に竣工した建物でルネッサンス新様式を取り入れ、日本初のエスカレーター設置など大変話題になった建物でしたが関東大震災で被災したため、大規模改修が行われます。増改築工事は6年を費やし昭和10年に現在の姿になりました。平成11年には東京都が「東京都選定歴史的建造物」に指定しています。

 
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/566-10ca6b81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。