烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

証券業界の守り神「兜神社」

Dsc_0841 Dsc_0842

兜神社境内




Dsc_0844  Dsc_0845

社殿と境内にある兜岩




 東京証券取引所のある日本橋兜町は日本金融の中心地ですが、東証の斜め前に、この地の守り神である兜神社があります。



 境内には兜町の由来となった。兜岩があります。兜岩は1050年に前九年の役で東征する源義家がこの岩に戦勝を願掛けしたとも、平将門を討った藤原秀郷が、首を京都へ運ぶ途中、この地に将門の兜を埋めて塚を作ったなど諸説の由来があります。



 神社が出来たのは明治以降で、東証の前身である東京株式取引所が設立されてから証券業界の厚い信仰を集めることとなりました。



 しかし、現在の神社は訪れてみると、とても小さな神社でした。しかも上を首都高速が通っていて、その敷地内に橋脚が建っています。証券業界の守り神というイメージからすると意外な建物ですが、東京らしいとも言えるかもしれません。



                                                


                     場所:中央区日本橋兜町1-12

スポンサーサイト

| 平安時代 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/561-180b1d92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。