烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桃太郎のモデルを祀る「吉備津神社」

 岡山県岡山市北区にある吉備津神社は、備中国一宮で、主祭神は、吉備を平定した大吉備津彦命です。
 吉備津彦命は第7代孝霊天皇の第三皇子で、崇神天皇10年、四道将軍の一人として山陽道に派遣され吉備を平定します。その話が鬼退治として桃太郎伝説が生まれたと言われています。それが岡山といえば桃太郎と言われている理由です。
 現在の本殿および拝殿は室町幕府3代将軍・足利義満が応永32年(1425)に再建したもので、入母屋造の屋根を前後に2つ並べた比翼入母屋造の形式は「吉備津造」と呼ばれ国宝に指定されています。



Imag4572
駐車場から見上げた本殿・拝殿




Imag4546
入口の石段



 神社正面の参道途中に建つ北随神門は、天文11年(1542)の再建で 国の重要文化財に指定されています。




Imag4550
北随神門



Imag4553
本殿




岡山県岡山市北区吉備津931



スポンサーサイト

| 飛鳥時代以前 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/56-74522254

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。