烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀行発祥の地~第一国立銀行跡

Dsc_0850
みずほ銀行兜町支店
                                    



Dsc_0856  Dsc_0848

壁面に設置されたプレートと本店の変遷を説明した説明板




            
 証券業界、金融業界の中心地である日本橋兜町にある、みずほ銀行兜町支店の壁に「銀行発祥の地」のプレートが設置されています。この場所は、わが国初の銀行「第一国立銀行」のあった場所です。
 日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は徳川慶喜に仕えた幕臣でしたが、大隈重信の説得により明治2年に大蔵省へ入省します。ここで取り組んだ業務の一つが銀行の設立です。
 しかし、栄一は国の予算編成を巡り、大久保利通や大隈重信と対立し明治6年に退官し、やがて、彼の主導で設立された「第一国立銀行」の頭取に就任しました。頭取は40年以上続けましたが、この間、様々な会社・団体の設立に関わり日本の近代化に大きく貢献しています。
 第一国立銀行は三井組、小野組が中核となり設立されたわが国初の銀行で、日本銀行が設立される前は紙幣の発券も行っていました。銀行はその後、合併を繰り返し現在はみずほ銀行となっています。兜町にあった初代本店は三井組が建設した和洋折衷の五階建ての建物で「三井組ハウス」と呼ばれていたそうです。当時の建物が「銀行発祥の地」のプレートに描かれていますし、銀行の壁にも歴代本店の写真が掲示されています。
                               
  みずほ銀行兜町支店 日本橋兜町4-3 

スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 09:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

| 職務経歴書の書き方 | 2012/08/19 10:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/558-9b25d5a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。