烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀座のシンボル「銀座和光」

Dsc_0896
銀座和光本店
      
     
 銀座といって、まず思い浮かべるのは銀座4丁目交差点にある屋上に時計塔が設置された「銀座和光本店」のビルでしょう。
 明治14年に創業した服部時計店(現セイコー)は明治28年に現在の銀座和光ビルの場所に時計塔がある店舗を建設します。以来、100年以上にわたって行き交う人々に時を告げているのです。
 現在の建物は服部時計店ビルとして昭和7年に竣工したネオルネッサンス調のビルで、空襲を免れ東京の復興を見守り続けています。
 現在の所有者である和光はセイコーの小売部門が独立したグループ会社です。
                
  銀座和光  東京都中央区銀座4-5-11
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/545-c89f1126

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。