烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銀座の真珠王記念碑

Dsc_0901  Dsc_0903

真珠王記念碑(左)とミキモト本店(右)




 銀座木村屋の二軒隣りのミキモト本店前に「真珠王記念碑」が建っています。


 ミキモトは真珠の販売に関しては世界一のシェアを誇る宝飾品の製造販売店です。


 創業者の御木本幸吉は明治26年に世界で初めて真珠養殖に成功し、明治32年に銀座で御木本真珠店を創業し海外への販売を積極的に展開します。(現在地へは明治36年に移転)


 ヨーロッパの宝石商は養殖真珠は偽物で詐欺にあたるとして裁判となりますが、この裁判に勝利し世界的に認知され、幸吉は真珠王と呼ばれるようになります。


 碑は昭和28年に幸吉が95歳となった時、銀座の誇りであると建立されました。


 幸吉は翌年、96歳で亡くなっています。





  銀座4丁目5-5 ミキモトパールビル



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/540-169a0130

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。