烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三原城

 岡山市内で一泊した後、翌朝、新幹線で三原駅に移動しました。三原駅は三原城の城跡に建てられた全国でも珍しい駅です。駅構内から天守台跡に上がることもできます。以前も取材していて三年ぶりの訪問となりました。
 三原城は毛利元就の三男・小早川隆景により築城され、江戸時代には広島藩の支城として筆頭家老・浅野氏の居城となります。
 本因坊秀策は当時の三原城主・浅野忠敬の庇護を受けて囲碁を修行。本因坊家の跡目に選ばれたときも、当初、忠敬への忠誠心から相続を断ったとの逸話もあります。



 



Sany0153

三原城跡



 三原駅構内に築城当時の城の絵図が展示されています。今は埋め立てられていますが当時は城は海に面していて海上要塞の性格を持っていました。海に浮かぶような姿から「浮城」とも呼ばれています。




Sany0156

三原城絵図




広島県三原市館町1-2



スポンサーサイト

| 本因坊家 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/53-d20be052

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。