烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おけはざま山 今川義元本陣跡

 「桶狭間の戦い」について、江戸時代初期にまとめられた「信長公記」には、「今川義元おけはざま山に人馬の息を休めこれあり」と記されています。義元が尾張国へ進軍する途中、休憩のために陣を張った「おけはざま山」は、当時の大脇村と桶狭間村の境界にある桶狭間の山々を指し、本陣は先陣隊が布陣した巻山、幕山、高根山が一望できる場所に作られていたと考えられています。
 周りより高い位置にあったため、突然の雷雨に見舞われ兵士も槍を手放すなど混乱している最中、織田信長の急襲により本陣から下ったところで今川義元は討取られたのでした。
 今川義元が本陣を張った場所は現在は住宅地となっていて、石碑が建っています。



             
Imag1857

                        



Imag1858



 



愛知県名古屋市緑区桶狭間北3丁目  地図



                  




スポンサーサイト

| 戦国時代 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/510-ace0c837

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。