烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長福寺 今川義元首検証の地

 名古屋市緑区」にある長福寺は桶狭間の戦いの後、信長が境内で今川義元やその武将の首検証を行った場所と言われています。
 この時に立ち会ったのは捕えられた今川家の茶坊主、林阿弥で、境内の杉の木のあたりで行われたと言われ碑が建立されていますが、現在の杉は二代目で、元あった杉は伊勢湾台風により倒れてしまったそうです。
 
 現在のご本尊である阿弥陀如来は、首検証後に解放された林阿弥後が、後に主君義元らの菩提を弔うため寺を再び訪れ奉納したものです。堂内には、今川義元と松井宗信両公の木像も安置されています。
 また、境内にある弁天池は、当時血だらけの刀を洗ったため、池が血に染まったと伝えられています。




Imag1828
長福寺山門                   



Imag1833
桶狭間合戦供養塔


Imag1834
今川義元の首検証が行われた場所   



Imag1836
刀を洗い血に染まった弁天池




愛知県名古屋市緑区桶狭間427番地 地図

スポンサーサイト

| 戦国時代 | 06:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/509-5b3b3c7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。