烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

板橋宿平尾町脇本陣跡

Dsc_1151 Dsc_1150_2 

板橋宿平尾町脇本陣跡



 板橋にある銭湯「花の湯」の角の路地を曲がると「板橋宿平尾町脇本陣跡」という碑がありました。


 本陣とは宿場町において大名等が泊まる宿で名主の家等が使われています。


 一方、脇本陣は本陣の補助的な役割で大名一行が二つ以上やってくると格式が上の大名が本陣、もう一方が脇本陣に泊まったそうです。


 板橋塾は三つの宿場の総称ですので平尾町の名主・豊田家の屋敷が脇本陣として使用されています。


 文政4年(1821)にはペルシャ産のラクダが江戸に向かう途中に立ち寄った記録もあります。


 先日紹介しました通り、新選組局長・近藤勇は板橋宿の処刑場で斬首されますが、その前日まで、ここに幽閉されていたそうです。




  板橋区板橋3丁目15-10 マンションアーバンハイム前

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/497-9691737c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。