烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本因坊秀策ゆかりの西福寺

 三原市西野にある曹洞宗・西福寺は元亀年中(1570~)安田新兵衛忠信氏によって創建されます。
 安田家は代々庄屋を務める名家で、西福寺は当初、安田家だけの氏寺という性格を持っていました。
 幕末期の安田家当主の次男で因島の桑原家に入り婿した桑原輪三という人物がいます。そして、文政12年(1829)に輪三の二男として生まれた桑原虎次郎こそ、後に棋聖(後聖)と讃えられる第14世跡目本因坊秀策なのです。

Imag4596
山門

 幼い頃に母から碁を習い、六歳の頃、尾道の豪商橋本竹下(吉兵衛)に才能を見出された虎次郎は、竹下の紹介で三原城主浅野甲斐守忠敬と対局。棋力を認められた虎次郎は、忠敬により竹原の宝泉寺住職葆真和尚に預けられ碁や漢学の教えを受けています。
 この頃より虎次郎は安田栄斎と名を改めています。桑原姓から父の実家の安田姓へ変えたのは、代々庄屋を務めた安田家のほうが体面がよかったからと考えられています。以降、本因坊を名乗るまで秀策は基本的に安田姓を名乗っています。

Imag4597
大正13(1924)年に再建された本堂

 境内の墓所には安田家の墓があります。詳しく調べていけば秀策の時代の人物の墓もあるのでしょうが、そこまでは調べていません分かりませんでした。

Imag4601
安田家の墓

Imag4603
古い安田家の墓

Imag4607
西福寺境内から眺める西野

広島県三原市西野2丁目11−16

スポンサーサイト

| 本因坊家 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/49-b8fc61a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。