烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

智清寺(板橋)

Dsc_1191 Dsc_1194

智清寺の山門と本堂



Dsc_1193 Dsc_1197

阿弥陀堂(左)と参道にある江戸時代の石橋(右)



 板橋の日曜寺のすぐ近くに「智清寺」という寺院があります。

 室町時代初期の創建で、天正19(1591)に徳川家康から寺領五石を寄進され御朱印寺となりました。

 山門をくぐってすぐのところに江戸時代から大正にかけて石神井川から引き入れられた中用水に架かっていた石橋があります。

 また、墓地には板橋上宿の名主や明治の歌人・相沢朮の墓があるそうですが一般の人は立入禁止となっていました。


    板橋区大和町37-1



スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/486-e1050486

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。