烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鹿鳴館跡

Dsc_0921 Dsc_0922
鹿鳴館跡のプレートとNBF日比谷ビル



 日比谷通り沿いで日比谷公園の向い側にあるNBF日比谷ビル(旧大和生命ビル)は、明治時代にあった鹿鳴館の跡地です。

 鹿鳴館は明治16年に建築された煉瓦造りの西洋式の建物で、当時の外相・井上薫の発案で不平等条約改正のため社交場として外国人を招き、毎晩、舞踏会が開かれていました。

 不平等条約の改定内容について反対の世論が巻き起こると井上薫は失脚し、鹿鳴館も明治27年には華族会館に払い下げられ、昭和2年に大和生命に売却。昭和15年に解体されています。


  千代田区内幸町1-1
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 05:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/470-80e06b40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。