烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

稲垣兼太郎碑 興正寺

 名古屋市昭和区にある興正寺には色々な碑が建立されていますが、総本尊である大日如来が安置された大日堂の脇に明治期の囲碁棋士・稲垣兼太郎の碑が建立されています。

Imag1909
大日堂。稲垣兼太郎の碑は広場の左側にあります。

 稲垣兼太郎は安政元年(1854)に江戸で生まれ、幼少より囲碁を習い明治2年(1869)、16歳の時には本因坊秀和より初段を許されています。
 しかし、囲碁で身を立てることは考えず陸軍省、大蔵省で働き、その後、事業を始めます。その間、囲碁については方円社設立に参加し三段まで進んだ後は、事業専念のため散発的に定式会に参加しています。
 20年間行った事業は上手くいかず、囲碁へ専念することを決意し五段まで昇進した頃、旧知の本因坊秀哉が本因坊家を継ぐことになった事から坊門となっています。
 明治42年(1909)に自らの囲碁教室を閉鎖し、全国を廻り各地の棋士と手合を行った関係で名古屋の囲碁関係者に招かれ道場を開設し中京囲碁会を発会します。
 明治45年(1912)には本因坊秀哉より六段を受け、その昇段披露会で京都寂光寺より「日省」の号を授与されます。合わせて寂光寺に伝わる本因坊算砂が近衛関白より授与された桑碁盤、南京石碁石を使用し対局を行ったそうです。
 そして、大正11年(1922)に古稀を迎え、有志により八事山興正寺境内に寿碑が建立されたのです。
 1923年の碁界合同の協議会に参加し、1924年の日本棋院設立に参加。1929年七段昇段しました。亡くなったのは昭和15年(1940)の事です。

Dsc_1403
稲垣兼太郎碑

 書を書いたのは侯爵細川護立です。護立は肥後熊本藩最後の藩主・細川護久の息子で第79代内閣総理大臣・細川護熙の祖父にあたります。細川家は囲碁界と繋がり深い藩主であったことが知られています。

Dsc_1397
題字

Imag1919
刻まれた村瀬秀甫、方円社の文字

愛知県名古屋市昭和区八事本町78

スポンサーサイト

| 本因坊家 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/469-101f3c70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。