烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明治大学発祥の地

Dsc_0907
「明治大学発祥の地」の碑
             
              
 銀座5丁目の数寄屋橋交差点の一角に「明治大学発祥の地」の碑があります。
 明治大学は明治14年(1881)にフランスの自由民権思想を学んだ若き法律家、岸本辰雄・宮城浩蔵・矢代操により設立された「明治法律学校」が起源です。
 設立にあたっては彼らのフランス留学仲間であり後に総理大臣となる西園寺公望が協力し、さらに旧鳥取藩主・池田輝知と、旧島原藩主・松平忠知が援助しています。
 これは、初代校長となった岸本辰雄が元鳥取藩士で鳥取藩の推薦により大学南校(現東大)に入学し法律の道に進むことになったというつながりからでしょう。
 ちなみに池田輝知の父で先代鳥取藩主・池田慶徳と松平忠知は、同じ水戸藩主・徳川斉昭を父とする異母兄弟で徳川親藩であるそれぞれの藩に養子に行っています。同じ兄弟に最後の徳川将軍・徳川慶喜がいます。(輝知の義弟、忠知の実兄)
 「明治法律学校」は数寄屋橋にあった旧松平忠知邸を校舎として開校しています。
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/461-84e9ed5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。