烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小出秀政邸跡

豊臣秀吉の生誕地である名古屋の中村公園には、同郷の江戸時代初期の大名、小出秀政の屋敷跡があります。
 織田家家臣小出政重の長男として生まれ、正室は豊臣秀吉の母・大政所の妹。つまり秀吉の叔父に当たる人物です。
 秀政は秀吉に仕え、和泉岸和田に3万石の所領を領します。秀吉は死の直前に、秀政へ秀頼の補佐を頼んだことから、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは長男の吉政と共に西軍として細川幽斎の丹後国田辺城を攻撃しています。しかし、次男の秀家が東軍として関ヶ原本戦で活躍したため、戦後、所領は安堵されています。ただ、皮肉なことに秀家は父親より先に病死しています。
 長男の吉政は出石藩藩主でしたが、秀政の死後岸和田藩へ移封となり跡を継いでいます。




Imag1959
小出秀政邸跡の碑




愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 05:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/457-c4a1b4b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。