烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

加藤清正公誕生地 妙行寺

 豊臣秀吉の誕生地である名古屋の中村公園の隣りにある妙行寺は戦国大名・加藤清正公の誕生地として知られています。
 清正公は幼名を虎之助といい、永禄5年(1562)に、この場所で生まれたと伝わっています。天正年間(1573以降)より秀吉に仕え、数々の武功を上げます。特に賤ヶ岳の七本槍は有名です。後に肥後国54万石の領主となります。
 関ケ原の戦いでは家康に味方し、慶長15年(1610)に名古屋城築城が行われると普請に協力しています。この時、築城で余った材料により自分の誕生地へ妙行寺を再建したと伝えられています。



                
Imag1961
妙行寺山門



Imag1965
加藤清正公像



Imag1968
妙行寺の庭にある清正公誕生地碑




愛知県名古屋市中村区中村町字木下屋敷22



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 08:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/455-70b96d00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。