烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

数々の囲碁対局が行われた伊香保楼跡

 上野公園から山手線を跨ぎ根岸に至る坂を「新坂」といいます。途中、鶯谷駅があり造られたのは明治20年頃のことだそうです。
 その坂下に、かつて「伊香保楼」という大規模な料亭がありました。群馬の伊香保温泉から鉱泉を取り寄せて伊香保温泉の支店として営業していたそうです。
 以前紹介した寛永寺根本中堂にある尾形乾山の墓の複製は、元は「伊香保楼」の庭にあったものです。


            
           
Imag2286
新坂



 囲碁界においては明治大正期の囲碁対局において、度々「伊香保楼」を会場とした対局が行われています。また、対局以外でも、囲碁に関する様々な出来事がありました。
 明治42年(1909)、中川千治(二代目中川亀三郎)主宰により岩佐銈、野沢竹朝ら十数人とともに「囲碁同志会」が発会しますが、その発会式が「伊香保楼」で行われています。(三年後に中川が方円社社長へ就任して解散)
 その他、大正3年(1914)岩佐銈(最後の方円社社長)の六段昇級披露会の開催。大正5年(1916)内垣末吉(六段)が引退し満州へ移住することになったため、坊社合同の送別会を開催。大正6年(1917)瀬越憲作五段昇級披露会等、様々な出来事がここで繰り広げられました。
 「伊香保楼」のあった場所についてですが、色々調べてみると、古い資料に鶯谷駅ホームぎわからスター東京側、藤田などホテル街一円一帯で、敷地3,000坪、木造3階建て、建坪500坪とありました。「スター東京」とは昔あったキャバレーで現存していません。現在はホテルシャーウッドの隣りにある駐車場(三井リパーク)がその跡地だそうです。



Imag2282
伊香保楼跡の駐車場


東京都台東区根岸1丁目2-22 三井リパーク鶯谷駅前第2



 

スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/448-96fbfb8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。