烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

正岡子規や夏目漱石が訪れた羽二重団子

Imag2336

羽二重団子



 



Imag2337

店先の説明板



 



Imag2338

店の入口に張られた漱石の写真



 







 東日暮里にある団子屋「羽二重団子」は、文政二年の創業で、初代庄五郎が、音無川のほとりの芋坂である現在地に茶屋を出し、人々に団子を提供したのが始まりです。
 明治時代には近くの「子規庵」へ越してきた正岡子規が度々団子を買いに訪れ、俳句を詠んでいます。
 また、子規と大学の同級生であった夏目漱石も訪れていて、小説「吾輩は猫である」にも「芋坂の団子屋」として登場しています。



 



東京都荒川区東日暮里5-54-3



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/434-b984778f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。