烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

湯島天神の碑2

 湯島天神の銅製の表鳥居は寛文7年(1667)9月創建され、寛文11年(1671)に修理した銘があります。下脚部に唐獅子頭部の装飾があり鳥居としては特異なものです。



 



Imag2393
表鳥居



 



 神社境内の梅園にある「菅家遺戒碑」は湯島天神に祀られている菅原道真公が残したとされる公家の家訓をまとめた書の一節ですが、現在では後の世に作られた偽物であると考えられています。



 



Imag2388






菅家遺戒碑



 



 「菅家遺戒碑」の隣りにある「奇縁氷人石」は迷子を捜すために建てられた石です。石碑の右側には訪ねる人を。左側には教える人の情報が張られていたそうです。人の集まる場所に建てられ全国各地で見られます。



 



Imag2389

奇縁氷人石



 



 湯島天神には、ここを舞台にした小説「婦系図」の作者、泉鏡花による筆塚が建立されています。



 



Imag2391

筆塚



 



 湯島天神境内にある日時計はかつて都内にあった鍛冶橋の欄干を軸に奉納されたもので、御参拝の人々から親しまれてきました。
                       しかし、戦後、永い間忘れ去られていましたが、スイス・プドー日本総代理店酒田時計貿易株式会社の協力により、水平式日時計として復元されました。



 



Imag2390

日時計



 







湯島天神:東京都文京区湯島3−30−1



スポンサーサイト

| 東京散歩 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/412-fce7961e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。