烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世田谷城址公園

 世田谷区の寺院「豪徳寺」に隣接する「世田谷城址公園」は、室町時代にあった「世田谷城」の遺構で、園内には、空堀や土塁が残されています。
 世田谷城の城主は「吉良氏」です。「吉良氏」は室町幕府を開いた足利氏の庶流で三河国を拠点としていました。もし足利幕府が滅んだら吉良氏が跡を継ぐだろうと言われた名門で、後に天下取りまで、あと一歩まで迫った駿河の今川氏も、元は吉良氏の庶流にすぎませんでした。しかし、一族同士の対立により徐々に力を失っていきます。
 吉良一族のうち、奥州へ進出した一族を「奥州吉良氏」といいますが戦乱により衰退すると、鎌倉公方の招きで武蔵国へ移り世田谷に城を築城します。それが「世田谷 城」です。
 奥州吉良氏はやがて台頭してきた北条氏の傘下へ入り北条氏と婚姻関係を結んでいます。しかし、豊臣秀吉の小田原征伐により北条氏は滅亡。世田谷城はこの時に廃城となりました。
 その後の奥州吉良氏についてですが、徳川家康に従い、格式の高さから儀式や典礼を司る「高家」となります。一方、三河国にあった吉良氏も庇護を受けた今川氏の滅亡を経て、家康を頼り高家として取り立てられています。三河吉良氏が、後に赤穂浪士の討ち入りにより殺害された、吉良上野介の家です。
 奥州吉良氏は、家康に従った後に「蒔田」と名乗っていますが、吉良上野介が殺害され吉良家が改易となると、吉良氏に名前を戻し名門の名を残しています。




Imag2452

世田谷城址公園




Imag2448

公園内






東京都世田谷区豪徳寺2丁目14番1号



スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/393-48af4c97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。