烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松陰神社

 東京都世田谷区にある「松陰神社」は、幕末の思想家で山口県萩市にある「松下村塾」にて多くの勤皇の志士を育てた吉田松陰を祀った神社で、境内に松陰の墓があります。
 神社がある場所は、かつて長州藩主の別邸があった所で、松陰が安政の大獄で刑死した4年後の文久3年(1863)に高杉晋作など松陰の門人により小塚原の回向院に葬られていた松陰の墓を、ここへ改葬します。そして明治15年(1882)に、門人たちによって墓の側に松陰を祀る神社が創建されています。

Imag2455
松陰神社入口


Imag2464
松陰神社拝殿


 境内には山口にある「松下村塾」の複製が建てられています。この小さな建物から多くの志士たちが育っていったのです。



Imag2466

境内に再現された「松下村塾」

 吉田松陰の墓は、他の志士たちの墓と並んで建立されていました。中には幕末の儒学者・頼山陽の三男で松陰と同じく、安政の大獄により刑死、小塚原の回向院に葬られていた頼三樹三郎も改葬されています。それにしても、松陰神社の近くには松陰を死へ追いやった井伊直弼が眠る豪徳寺があるというのは皮肉なものです。

Imag2476
吉田松陰の墓(中央)、頼三樹三郎の墓は向かって一番右


東京都世田谷区若林4丁目35-1

スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/392-ea60f158

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。