烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高杉晋作誕生地

高杉晋作は、萩藩大組士高杉小忠太の長男として天保10年(1839)に生まれます。19歳のとき松下村塾に入門しますが、吉田松陰は晋作の才能を見抜き、久坂玄瑞と競わせることで更に磨きをかけます。二人は松下村塾の双璧と呼ばれました。



 上海への留学により清国への外国からの植民地化を目の当たりにし尊王攘夷運動の中心人物となります。


 外国船を砲撃した下関戦争では防衛のために身分にとらわれない軍隊「奇兵隊」を創設し、 幕府による長州征伐が始まると海軍総督として、これを撃破します。


 その後も活躍が期待されましたが、肺結核に倒れ、慶応3年(1867)29歳の若さでこの世を去りました。




Dsc_1760 Dsc_1771
高杉晋作誕生地の門と建物


                       

Dsc_1766
建物の内部


 高杉晋作の生まれ育った家は、建物は江戸時代より縮小されていますが当時の面影をよく残しています。敷地内には、晋作ゆかりの品や東行と号した句碑・産湯の井戸などがあります。





Dsc_1767 Dsc_1769 Dsc_1773
晋作の句碑(左)と産湯の井戸(中)と生家近くにある晋作の像(右)
 




高杉晋作誕生地:萩市南古萩町23


高杉晋作像:萩市南古萩町の晋作広場(高杉晋作誕生地の近く、菊屋横丁の南端)

スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/385-d3e3238c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。