烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紀伊国屋文左衛門の墓

 元禄期の豪商として知られる紀伊国屋文左衛門の墓が、江東区深川にあります。墓所の正面に紀伊国屋文左衛門の大きな顕彰碑があり、それが墓なのかと思ってしまいますが、文左衛門の墓は、その左手にある小さな墓です。
 紀伊国屋文左衛門は、紀州湯浅(和歌山県有田郡湯浅町)の出身で、紀州みかんを江戸に運び、帰りに江戸から塩鮭を上方に運んで富を築いたと言われています。その後、材木商を営み、寛永寺の根本中堂の用材調達を請負、巨利を得たそうです。吉原での豪遊の逸話も残されています。
 晩年は材木商は廃業し、深川八幡で過ごし、66歳で死去します。紀伊国屋は2代目が跡を継ぎますが衰退しています。 

Imag2699
紀伊国屋文左衛門の顕彰碑

Imag2702
顕彰碑の脇にある文左衛門の墓

 現在、墓は立入禁止になっていましたが、墓地の入口の石柱には「紀文会」と刻まれ多くの衆議院議員の名前がありました。昭和30年代に建てられたようで入口に向かって右側二つ目の石柱には「浅沼稲次郎」と刻まれていました。浅沼は日本社会党(現社会民主党)の委員長を務め安保闘争の先頭に立ち、1960年、当時の岸信介内閣を総辞職に追い込みますが、同年に行われる総選挙に向けた各党党首の立会演説会で演説中、右翼により刺殺されています。 

Imag2703
立入禁止中の入口


江東区三好1-6-13



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/370-9aff7b9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。