烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伯耆国分寺跡と法華寺畑遺跡

 倉吉市郊外にある伯耆国分寺は現在、史跡公園として整備されています。
 国分寺は奈良の大仏建立等、仏教を保護した聖武天皇により天平13年(741)に全国各地に建立された寺院です。
 伯耆国分寺は昭和45年に発掘調査が行われ、南北160mの寺域に金堂・講堂等の跡が確認されています。天暦2年(948)に火災のために焼失したとの記録があり発掘調査からも火災の痕跡が発見されています。




Imag0696 Imag0695
伯耆国分寺跡。右は塔跡



Imag0697 Imag0700
金堂跡(左)と近隣から集められた五輪群(右)




 伯耆国分寺跡の北側約50mのところにある「法華寺畑遺跡」は文献や出土品から「国分尼寺」であったと考えられています。しかし、建物配置は官衙跡(国の役所)と共通するものがあるため役所を「国分尼寺」に転用したのではとの説もあります。
 跡地は伯耆国分寺跡と同じく公園として整備されていて、当時の工法により四脚門が復元されています。




Imag0702 Imag0713
法華寺畑遺跡案内板(左)と復元模型(右)



Imag0706 Imag0712
法華寺畑遺跡(左)と復元された四脚門(右)




 伯耆国分寺跡の近くにある倉吉市立・社小学校の前庭に「伯耆国分寺石仏」(五体の石仏)と呼ばれる謎の石仏が5体あります。80㎝ほどの角柱状の石材に、顔を大きく薄肉彫りに彫ったもので伯耆国分寺跡から出土したといわれています。石材の形状から国分寺の地覆石を転用したともいわれていますが、制作年代や作者は全く不明の謎の石仏です。




Imag0727
国分寺跡から発見された「五体石仏」




 伯耆国分寺跡・法華寺畑遺跡  鳥取県倉吉市国府、国分寺



スポンサーサイト

| 奈良時代 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/36-f76f27d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。