烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セメント工業発祥の地

清澄公園の西隣りにあるアサノコンクリート深川工場の入口に「本邦セメント工業発祥の地碑」があります。
 近代建築には欠かせないセメントですが、我が国では明治5年(1872)に、この場所で大蔵省所管の「深川摂綿篤製造所」建設に着工。セメントの国産化を目指しますが成功することなく所管が明治7年に工部省へ移管。技術者が渡欧し技術を習得後、明治8年に工場改修して「深川セメント製造所」となり、ついに日本初の国産セメントの製造に成功します。
 製造所はその後、浅野財閥の浅野総一郎に売却され「浅野セメント」として事業を継続します。浅野財閥はコークス販売で財を成した浅野総一郎により設立された財閥で、「浅野セメント」は、その中核企業となります。、「浅野セメント」は昭和22年に「日本セメント」と改称。平成10年には秩父小野田と合併し、現在では「太平洋セメント」となっています。
 現在「深川セメント製造所」跡地にある「アサノコンクリート」は「太平洋セメント」の子会社となります。



Imag2730_2
本邦セメント工業発祥の地碑



Imag2731
浅野セメント初代社長・浅野総一郎



 セメント工業発祥の地碑の隣りには、明治27年に製造されたコンクリートブロックが設置されています。
 明治22年から29年にかけて行われた横浜港築港工事にて、防波堤基礎用として製造され海中に沈められていたものですが、昭和6年に港の改修工事により引き上げられます。永年、海中にあったにもかかわらず損傷は認められず、優れたコンクリートであった事が分かります。



Imag2728
明治時代のコンクリートブロック



Imag2733
現地説明レリーフ




東京都 江東区 清澄一丁目 2-1



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/356-c1908c38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。