烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平賀源内電気実験の地

Imag2735




  平賀源内は、江戸時代中頃に活躍した人物で、本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家と様々な顔を持っています。
 源内といえば、エレキテルの実験を行ったことで有名ですが、実験を行った場所は現在の江東区清澄町1丁目にあった源内の私邸での事だそうです。源内は安永5年(1776)に、長崎で入手した、壊れたエレキテル(静電気発生機)を修理して復元します。そして、日本で初めて電気の実験を行ったのです。




東京都江東区清澄1丁目2−1 読売江東ビル



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/354-e4aba4c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。