烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陸奥宗光宅跡

 隅田川に架かる清州橋の東詰あたりに「陸奥宗光宅跡」の説明板があります。
 陸奥宗光は、明治時代の政治家で、弘化元年(1844)、和歌山藩士の家に生まれます。15歳で江戸へ出て、文久二年(1862)に脱藩。京都で尊王攘夷運動に加わり、のちその後、坂本龍馬の海援隊に参加します。
 明治維新後は、外国事務局御用掛、神奈川県知事、大蔵省租税頭、元老院議官などを務め、明治23年(1890)、第一回衆議院選挙で当選。第二次伊藤内閣で外務大臣に就任して日英通商航海条約締結を実現します。日清戦争では開戦と講和に関わっています。
 宗光が深川清住町(現清澄)に住んでいたのは明治5年(1872)から5年間で、大蔵省で地租改正事業に手腕をふるっていた時期にあたります。



 



Imag2740
陸奥宗光宅跡(前方に見えるのが清州橋)



 



Imag2739

現地説明板



 



東京都江東区清澄1丁目5−1 株式会社テイソウ前






スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/352-05031b15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。