烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

萬年橋

 萬年橋は、東京都の小名木川にかかる架かる橋です。橋のすぐ西側で小名木川は隅田川へと合流しています。
 萬年橋が架橋された年代時期は定かではありませんが延宝8年(1680年)当時の地図には「元番所のはし」として記載されています。江戸時代初期、この橋のすぐ北側に船荷を取り締まる「川船番所」が設置されていたそうです。番所は明暦の大火後に別の場所へ移転したため、この付近は「元番所」と呼ばれていたそうです。
 小名木川は多くの船が往来する運河であったことから、船の航行を妨げないようにアーチ状に架けられていて、その美しさから。葛飾北斎や歌川広重らにより浮世絵として描かれていましたが、老朽化のために昭和5年に現在の橋に架け替えられました。




Imag2741
萬年橋




Imag2745
萬年橋の説明板




Imag2744
川船番所跡の説明板




江東区道第3124号線(萬年橋通り)江東区常盤一丁目と江東区清澄一丁目と二丁目の境界。

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/351-c8b1c523

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。