烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芭蕉稲荷神社

 俳聖芭蕉は、萬年橋の北詰に弟子の杉山杉風に草庵の提供を受け、「深川芭蕉庵」と称して延宝八年(1680)から元禄七年(1694)に大阪で病没するまでここを本拠とし「古池や蛙飛びこむ水の音」等の句を数々残しています。また、ここより全国の旅に出て有名な「奥の細道」等の紀行文を著しました。
 芭蕉没後は、「深川芭蕉庵」があった場所は武家屋敷となっていましたが、たまたま大正六年に津波来襲のあと芭蕉が愛好したといわれる石造の蛙が発見され、地元の人々の尽力により、跡地に芭蕉稲荷を祀ります。
 昭和20年戦災のために神社は荒廃しますが、地元の芭蕉遺蹟保存会が昭和三十年に復旧させます。



Imag2747
芭蕉稲荷神社


Imag2749
境内の「芭蕉庵跡」の碑



Imag2748
芭蕉の句碑




江東区常盤1-3



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/350-d064e8e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。