烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

枕流亭 明治維新ゆかりの建物

 香山公園の一角に、明治維新と大きく関わりのある「枕流亭」という建物が移築されていました。現地の案内板には次のとおり説明されています。


 この建物はもと山口の旧家安部家の離れで、市内道場門前の一の坂川の流れにのぞむ河畔にあったので「枕流亭」と呼ばれた。


 幕末、七卿落ち、蛤御門の戦などで薩長両藩に大きな溝ができたが、勤王の大義と討幕の目的のためには、両藩が離反していることは大きな支障であるとして、土佐の坂本龍馬らの奔走によって、両藩連合の話し合いが進められた。ここにおいて、慶応三年(1867)九月、薩摩の藩士西郷吉之助(隆盛)、大久保一蔵(利通)、小松帯刀、大山格之助らが山口に来訪した。


 これに対し、長州藩は木戸準一郎(孝允)、広沢真臣、伊藤俊輔(博文)、品川弥二郎らが迎え、枕流亭の階上において薩長連合の密議をかさね、連合討幕軍の結成を誓ったのである。


 実にこの枕流亭は、明治維新のあけぼのをつくった記念すべき建物である。枕流亭は、その後二、三度移築されたが、昭和三十五年ここに移された。




Dsc_1482 Dsc_1484
枕流亭の外観と1階の展示室




Dsc_1486 Dsc_1489
2階の部屋と円形の窓


スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/333-3543d75c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。