烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豊栄神社と野田神社

 山口市天花1丁目に豊栄神社と野田神社という二つの神社が並んで建っています。



 豊栄神社は毛利元就を祀る神社です。孫の輝元が萩へ城を移した際に元就の霊を春日神社内に祀ったのを始まりで、その後、神霊は萩城内に移さますが、明治2年に山口に移されました。明治天皇より「豊栄」の神号を賜り、山口に移された2年後に現在地に社殿を造営、明治15年には別格官幣社に列せられています。



Dsc_1502

両神社共通の神社(左)  



Dsc_1526  Dsc_1525

豊栄神社



 野田神社は、明治維新の時の藩主・毛利敬親が祭神で、その子、毛利元徳が配祀神として祀られています。敬親は明治4年に亡くなり豊栄神社別殿の野田神社に祀られました。明治9年に野田神社は県社となり、大正4年には別格官幣社に列せられます。元徳は明治29年に亡くなり野田神社の摂社芳宜園神社に祀られますが、昭和11年に野田神社に合祀されました。



Dsc_1507 Dsc_1512

野田神社  



 豊栄神社境内に「百万一心」の碑があります。かつての毛利家の居城・吉田郡山城に「百万一心」と刻まれた石があったそうで毛利元就が築城の際の人柱の代わりに作らせたと言われています。オリジナルの石は現存していませんが江戸時代に藩士が書き写していた記録を基に、明治15年に復元し元就を祀る豊栄神社へ奉納しました。


 意味は「百万」の字を分解すると、「一日一力」と読めるため、「日を一にし力を一にし心を一にす」つまり「皆で力を合わせれば、何事も成し得る」という意味だそうです。                        



Dsc_1511 Dsc_1517

 野田神社の絵馬堂(左)と百万一心の碑(右)




    山口県山口市天花1丁目1-2



スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/329-d1ffdd17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。