烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

円覚寺の文化財

 鎌倉にある円覚寺は広大な面積で、その中に様々な文化財があります。
 選佛場は修行僧の坐禅道場です。現在の建物は元禄12年(1699)に建てられた茅葺き屋根の建物で、内部には薬師如来立像(南北朝時代)などが安置されています。仏殿が再建されるまでは、この堂が仏殿を兼ねていたそうです。



Imag2526
選佛場



Imag2528
選佛場の仏像



 妙香池は、円覚寺創建当時から知られた池で、昭和53年に江戸時代の絵図に基づいた大改修が行われ、岩盤を景観の中心として復元されました。



Imag2530
妙香池



 方丈は元来は寺の住職が住む建物ですが、現在では各種儀式・行事に用いられる建物となっている。現在の建物は関東大震災後に再建されたまのです。また、方丈の前庭には羅漢像が並んでいます。



Imag2539
方丈



Imag2538
羅漢



 舎利殿には、源実朝が南宋から請来したと伝える仏舎利(釈尊の遺骨)がお祀りしてあります。入母屋造、杮(こけら)葺きで神奈川県唯一の国宝建造物です。普段は非公開ですが、年に何回か特別公開されています。(今回は山門前から撮影しました。)



Imag2542
舎利殿



神奈川県鎌倉市山ノ内409



スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/328-b3847d14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。