烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北条時宗の廟所 佛日庵

 鎌倉五山第二位の円覚寺は弘安5年(1282)元寇の戦没者の供養のために鎌倉幕府の執権・北条時宗により創建されました。円覚寺の塔頭である佛日庵は北条時宗を祀る寺院で元々、時宗が庵を結び禅の修行を行っていた場所に建立されました。境内にある開基廟の地下には時宗の棺が納められているそうです。
 北条時宗は鎌倉幕府第八代執権でモンゴル帝国(元)の二度にわたる襲来(元寇)に対して国内をまとめあげ退けた英雄として知られています。
 なお、時宗が眠る開基廟には九代執権貞時・十四代執権高時も合葬されています。



Imag2549
山門


Imag2550
開基廟(北条時宗の廟所)


Imag2551
北条時宗の坐像


神奈川県鎌倉市山ノ内434番地 臨済宗大本山円覚寺山内



スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/327-a75c1b98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。