烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍福寺

 山口市大殿大路にある龍福寺は、建永年間(1206~1207)に白石の地に、18代大内満盛が創建した臨済宗の宝珠山瑞雲寺が始まりとされ、その後、曹洞宗に改めたときに瑞雲山龍福寺と改称しています。
 天文20年(1551)に大内家重臣・陶晴賢の謀反により、31代大内義隆が自刃しした際に、同寺も戦火に巻き込まれ焼失しますが、弘治3年(1557)義隆の七回忌に際して、毛利元就の嫡男・毛利隆元が、同じく焼失していた大内氏の館跡であった現在地に再建し、義隆の菩提寺としました。



Dsc_1556  Dsc_1530

龍福寺入口の碑と山門




 龍福寺は明治14年(1881)、禅堂と山門を残して全焼したことから、明治16年(1883)、大内氏の氏寺である山口市大内御堀の氷上山興隆寺にあった釈迦堂を移設したのが現在の本堂です。室町時代の建物で重要文化財に指定されています。


 龍福寺の前の参道には「ザビエル布教の井戸」が再現されていました。


 天文19年(1550)にフランシスコ・ザビエルは大内義隆に接見し、キリスト教布教の許可を得ます。


 そして大内屋敷の近くの大殿大路にあった井戸の傍らで布教を開始したと伝えられています。              


Dsc_1531  Dsc_1537

山門前に復元されたザビエル布教の井戸と龍福寺境内




 龍福寺境内には大内義隆の供養塔があります。建立は平成12年と新しく、義隆450回大遠忌にちなみ、長門市大寧寺にある義隆のお墓を原寸大に複製したものだそうです。



 境内には、他に義隆辞世の句碑があります。


  「討つ者も 討たるる者も 諸ともに 如露亦如電 応作如是観」


 討った者も、討たれる自分も、どちらの命も、露のように儚く、雷のように短いという意味だそうです。事実、義隆を自刃に追い込んだ陶晴賢も、その4年後には毛利元就との戦いに敗れて自害しています。   



Dsc_1538  Dsc_1540

大内義隆の供養塔と辞世の句碑



                      



  山口市大殿大路119番地



 

スポンサーサイト

| 戦国時代 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/326-47dc45fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。