烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大内氏館跡

 大内氏が山口に拠点を移した際に館を建て、政務を行ったのが現在、龍福寺がある場所です。


 昭和34年に国の史跡に指定され、現在も発掘調査中ですが、南西部の庭園にあった大きなひょうたん池や、井戸、かまど跡も発掘され復元されています。



Dsc_1543  Dsc_1544

龍福寺にある大内氏館跡への案内板(左)と公園として整備された館跡(右)



Dsc_1546  Dsc_1548

井戸の跡(左)と建物基壇(右)



Dsc_1550  Dsc_1555

  石組かまど跡(左)と現在の発掘現場(右)             




  山口県山口市大殿大路119 龍福寺

スポンサーサイト

| 室町時代 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/324-fa2b490f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。