烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪城 石山本願寺

 「大坂」という地名が歴史上登場するのは明応5年(1496)、本願寺第8代宗主蓮如が宿坊を開いた場所として文書に記載されているのが最初です。
 天文元年(1532)に火災により現在の大阪城がある場所に移転すると寺院を中心に都市が形成されていきます。
 石山本願寺は、周囲に堀や土塁を築き、要害堅固な城郭であったと言われ、戦国大名同等に抗争を繰り返しています。特に本願寺第11代顕如と織田信長との戦いは「石山合戦」と呼ばれ10年以上も続きますが、天正8年(1580)に、正親町天皇の調停で顕如は石山本願寺を明け渡し、直後に火災により寺院は姿を消します。天下人となった豊臣秀吉が拠点となる大阪城を本願寺跡に築いたのも、織田軍の攻撃に対して最後まで落城することのなかった強固な城跡だったからかもしれません。
 石山本願寺の遺構はあまり多くは発見されていません。本願寺の上に秀吉が大阪城を築き、それを埋め立てて江戸幕府が大阪城を再建したためです。



Imag3230_2
石山本願寺推定地碑(修道館となり)



Imag3183
蓮如上人名号碑(大阪城公園梅林の上)



Imag3182
現地案内板(蓮如上人名号碑前)




大阪府大阪市中央区大阪城1−1



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/305-93fd38e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。