烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

越中井 細川ガラシャ終焉の地

 越中井がある付近は、細川越中守忠興の屋敷があったところで、越中井は台所にあったといわれています。
 慶長5年(1600)に、関ケ原の戦いの前哨戦として忠興公は徳川家康に従い上杉征伐に出陣します。その留守中に石田三成は大阪に残っている大名達の妻子を人質にとろうとしますが、忠興公の夫人玉子(細川ガラシャ)はこれに従わず、軍勢が屋敷を取り囲む中、屋敷に火を放ち自害します。ただし夫人はキリスト教徒であり自殺が禁止されていたため家来に自分を討たせたといわれ、明智光秀の娘でもあり波乱にとんだ37歳の生涯を閉じたのです。




Imag3305
越中井



Imag3308
現地説明板




大阪市中央区森ノ宮中央2丁目12



スポンサーサイト

| 戦国時代 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/284-7a3953ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。