烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

栴檀木橋

 大阪市の中之島には江戸時代に諸藩の蔵屋敷が建てられ、土佐掘川には多くの橋が架けられていました。その中の一つに栴檀木(センダンノキ)橋があります。橋名の由来は橋筋に栴檀ノ木の大木があったためと言われています。
 栴檀木橋は明治18年の大洪水で一旦流失しますが、大正3年に再び架けられることとなります。これは中之島に大阪府立図書館や大阪市庁舎が建設され、橋が再び必要となったためです。
 その後、昭和10年に橋は架け替えられ、昭和60年に再び新しい橋に架け替えられています。
 栴檀木橋の南詰には、由来碑と大正時代の親柱が設置され、橋の歴史が一目でわかるようになっています。



                    
Sany0403
由来碑と大正時代の親柱



                



大阪府大阪市中央区北浜2丁目



スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/280-d61708a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。