烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦艦「陸奥」 大和ミュージアム

 大和ミュージアムの駐車場からエントランスまでの間はレンガパークと言われています。ここには旧日本海軍所属の戦艦「陸奥」の主砲身,スクリュー,主舵などの引揚品が展示されています。
 軍艦 陸奥は大正9年(1920)に進水した長門型戦艦の2番艦で、1番艦の「長門」と共に、日本海軍の象徴として戦前の国民に長く愛されてきました。
 第二次世界大戦中には戦艦「大和」「長門」らと共に温存されていましたが、昭和18年(1943)に原因不明の爆発事故を起こし柱島沖で沈没します。
 昭和45年(1970)に引き揚げ作業が行われ、艦体の一部が回収されて、日本各地で展示されています。

Imag4712
レンガパーク

Imag4713


Imag4714
主砲

Imag4717
主砲

Imag4716
スクリューと主舵

Imag4715
現地説明板


広島県呉市宝町5-20


スポンサーサイト

| 昭和時代 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/28-a6c1b737

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。