烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪市中央公会堂

 栴檀木橋の北側にある洋館は「大阪市中央公会堂」です。
 中之島公園には、明治・大正の面影を残す重厚な歴史建築がいくつか立ち並んでいますが「大阪市中央公会堂」は、その中でも特に目を引く、赤レンガの壁に青銅のドーム屋根が特徴の建物で、大正7年(1918)に完成後、コンサートやオペラ、講演会などが開催されてきました。
 「大阪市中央公会堂」は「義侠の相場師」ともいわれた株式仲買人、岩本栄之助が100万円(現在の価値では数十億円)という巨額の私財を寄付して建てられたものです。しかし、栄之助がお金を寄付した後、第一次世界大戦勃発の影響により相場が高騰し、莫大な損失をだしてしまいます。周囲の人々は、大阪市に寄付した100万円を少しでも返してもらうように勧めますが、栄之助は「一度寄付したものを返せというのは大阪商人の恥」としてこれを拒否。1916年に自宅でピストル自殺してしまいます。公会堂が完成したのは、その2年後のことで、現在は国の重要文化財にも指定され、大阪市民の文化・芸術の活動拠点として活用されています。



Sany0404




大阪市北区中之島1丁目1番27号



スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/279-126c6e99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。