烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪俵物会所跡

 江戸時代には、金・銀・銅などの売買は幕府の厳しい統制化におかれ、会所において特定の商人によって売買が行われていました。
 俵物(たわらもの)と呼ばれる、ふかひれや干なまこ、干あわびなども同様で、江戸時代の日本の重要な特産品として、長崎を通じて中国など海外へ輸出されています。この俵物は輸出入の代価に用いられることもあり、延享元年(1744)に大阪に会所が設けられています。会所は当初、備後町にありましたが、安永6(1777)に北浜2丁目へ移転し、明治まで続いています。




Imag3318

大阪俵物会所跡




Imag3319

現地説明板





大阪府中央区北浜二丁目2-15



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/278-ff57f056

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。