烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

末吉城跡 山中鹿之助供養塔と囲碁の話

 鳥取県西伯郡大山町末吉の国道9号線末吉交差点に戦国時代の武将・山中鹿之助の供養塔があります。
 このあたりには昔、末吉城という城がありました。鹿之助は山陰地方を中心に一大勢力を誇った尼子氏の武将ですが、尼子家が毛利氏に降伏すると、尼子家再興のために僧侶となっていた尼子勝久を立て挙兵します。
 尼子滅亡後、毛利勢の軍門に下っていた元家臣が次々参加しますが次第に毛利勢に追い詰められ末吉城に立てこもりますが、ここで捕まります。
 毛利勢を率いる吉川元春は当初、鹿之助の処刑を考えますが、名軍師として知られる鹿之助を毛利へ引き入れる様、進言する家臣の意見を聞き入れいったん幽閉します。しかし、策略により脱出した鹿之助は挙兵を繰り返し、播磨国の上月城で降伏し毛利輝元のもとへ護送される途中で謀殺されました。
 最初に降伏し捕えられた末吉城のあった付近に供養塔が建立されました。



Dsc_1227 Dsc_1230
末吉城跡



 尼子と毛利の激しい攻防が行われた末吉城に、囲碁に関わる話が残されています。
 毛利軍が尼子を滅亡させると、尼子の家臣の多くが毛利の軍門に下ります。尼子十旗の一人で出雲の神西城城主であった神西元通は尼子氏の居城・月山富田城に籠城していたため毛利に加わった後も自分の領地へ帰ることができず伯耆国末石城主に任命されます。
 そうした中で、尼子復興のための挙兵を画策する山中鹿之助は神西元通と接触し、元通は尼子側に味方する事を約束しました。しかし、末石城には目付として毛利勢の中原善左衛門、小寺佐渡守が滞在していたため簡単にはいきません。そこで元通は策をめぐらし、小寺佐渡守が所要で芸州へ出向いた際に、林阿弥という囲碁の強豪を呼び碁会を開きます。中原善左衛門は囲碁が大変好きだったようです。そして林阿弥と中原の対局中に、神西は囲碁の助言のように「そこを切る」と発言し、それを合図に刺客が中原に切りかかり斬殺しました。
こうして、神西元通は寝返り末吉城は尼子方の城となったのでした。



Dsc_1221_4
山中鹿之助供養塔



Dsc_1225 Dsc_1231_2
末吉城を包囲した毛利勢より和議を奨めるために城に乗込み斬殺された美甘与一右衛門の碑




鳥取県西伯郡大山町末吉、国道9号線末吉交差点



スポンサーサイト

| 囲碁が関わった出来事 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/27-60461870

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。