烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北組惣会所跡と方円社大阪分社

Imag3342
東横イン入口

 江戸時代、大阪は天満組、北組、南組の三つの区域に別れ、各組には行政の中心となる惣会所が置かれていました。惣会所では町人から選ばれた惣年寄が幕府の通達を伝達したり、税金の徴収を行っていたそうです。
 本町通から北側をエリアとした北組の惣会所は、現在の中央区平野町のホテル東横インの所にあり、惣年寄の中には大豪商・淀屋もいました。
 明治に入ると、北組惣会所があった場所には大阪を代表する料亭「堺卯」が移転してきたそうです。明治20年には8年前に東京で産声を上げた囲碁組織「方円社」が「大阪分社」を設立し、ここで発会式を行っています。ここは囲碁界とも関わり深い場所でもあるのです。


東横イン淀屋橋駅南:大阪府大阪市中央区平野町3−4−6

スポンサーサイト

| 方円社 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/268-86d097fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。