烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芭蕉の句碑 南御堂

 松尾芭蕉終焉の地碑の近くにある「真宗大谷派難波別院」(通称:南御堂)の庭には芭蕉の辞世の句碑が建立されています。この句碑は 天保14年( 1843 )に 芭蕉の150回忌に建てられたもので、天保期の俳人が建立したものだそうです。

    旅に病で ゆめは枯野を かけまはる

 旅に生きた芭蕉らしい辞世の句だと思います。

Imag3361
南御堂入口

Imag3359
句碑


大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目1−11



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/263-270788fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。