烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近松門左衛門の墓

 大阪市中央区谷町八丁目のビルとガソリンスタンドの間に挟まれたれた一角に元禄期の人形浄瑠璃・歌舞伎の作者として知られる近松門左衛門の墓があります。当時実際にあった事件をもとにした「曽根崎心中」が人気を博しますが、それに影響され心中が増えたため幕府は心中物の上演を禁止しています。その他、「国性爺合戦」「冥土の飛脚」など、浄瑠璃約100編、歌舞伎脚本が約50編の作品を残しています。
 近松門左衛門の墓は、当初近くの法妙寺境内にありましたが、同寺は大東市へ移転し、墓だけが現在地に残されます。昭和55年(1980)には国の指定史跡に指定されています。
                    
Imag3408

近松門左衛門の墓の入口



Imag3412

近松門左衛門の墓






大阪府大阪市中央区谷町8丁目1



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/250-cf5f3e47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。