烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

元祖竹本義太夫誕生地

Imag3115



 大阪の天王寺駅近くにある茶臼山町の谷町筋の歩道上に義太夫誕生地の碑があります。
 竹本義太夫は慶安4年(1651)、天王寺村の百姓家に生まれます。浄瑠璃語りとして活躍し独特の音節は「義太夫節」と呼ばれます。やがて道頓堀に竹本座を開座。近松門左衛門を座付き作家として迎えて、浄瑠璃人形芝居を始めると好評を博し、元禄11年(1698)には、朝廷にて義太夫節を披露。「筑後椽」の号と、「藤原博教」の名を賜りました。
 晩年は竹本座を竹田出雲に譲って隠退。正徳4年(1714)に64歳で亡くなっています。




天王寺区茶臼山町



スポンサーサイト

| 江戸時代 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/233-4a920bb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。