烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米沢城址(松が岬公園)

 今回の東北への旅では会津若松以外に米沢にも行ってみました。


 米沢城は鎌倉時代中期に長井氏が城を築いたのが始まりで室町時代初期には伊達氏が侵攻し、以来約200年間伊達氏の支配が続きます。


 天正17年(1589)に伊達政宗が会津の蘆名氏を破り黒川城(会津若松城)に拠点を移しますが、豊臣秀吉はこれを認めず正宗は岩出山城(宮城県)に移り、米沢城は会津に入った蒲生氏郷の支配下に置かれました。


 その後、会津に上杉景勝が入ると米沢城は直江兼続が城主として入りますが、関ヶ原の戦いにより徳川家康が勝利すると上杉氏は米沢に減封され、明治まで上杉氏の居城となりました。


 現在、城跡は松が岬公園として整備されています。                    



 



Dsc_1996 Dsc_1998
松が岬公園内(左)と堀(右)



                    
         



Dsc_1999  Dsc_2008
上杉謙信公像(左)と天地人(上杉景勝・直江兼続)(右)



                   
Dsc_2012  Dsc_2013
藩政改革に取り組んだ上杉鷹山公像(左)と碑(右)
             



  山形県米沢市丸の内1

スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/228-542346d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。